ミカドウミウシが好きなカイメン

2017年12月 29日(金曜日) 筆者 もりたき

ウミウシの話題が続きます。

へんな生きもの研究所にミカドウミウシを展示しました。 泳ぐ姿が踊っているように見えるところから別名は「スパニッシュダンサー」

ウミウシの飼育は餌の確保が難しいのですが、このミカドウミウシは、水槽内で増殖する黄色いカイメン(クラトリナカイメン?)を食べることがわかっています。

このことに気付いたのは今から17年前。色々なカイメンを与えていて偶然発見しました。

これがそのカイメン。

このカイメンが育つのは水槽の中の岩陰で、集められる量にも限りがあります。与え続けることが難しいのが難点です…

それでも、やはりミカドウミウシの反応はすこぶる良好で、今回も、搬入直後にカイメンを与えるとすぐに食べ始めました。

あっという間に無くなります…

このカイメンしか食べないので、また水槽の岩陰で探してこなければ…

ちなみに、文献によれば自然下では別の種類のカイメンも食べるようですが、餌として流通していないので手に入れるのは難しそうです。

【飼育研究部 森滝丈也】