スナメリウォッチング

2017年12月 26日(火曜日) 筆者 わかばやし

イルカ担当のわかばやしです。今年は例年よりも寒い日が多いように思いますが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか? 冬は生きものが少ない時期ですが、鳥羽水族館前の海には野生のスナメリたちが姿を現します。一昨年からまる2年間、鳥羽水族館スタッフで調査を実施したところ、年末から4月にかけてスナメリが水族館前に頻繁に現れていることが判明しました。1頭の時もありますが、多い時には10頭近くが現れることもあり、どうやら餌を食べに来ているようです。丸い背中が一瞬見えるだけですが、スナメリ好きの私は非常に感激してしまいます。今年の12月18日には50mほど前に現れたこともあり、その時に撮ったのがこの写真です。

ちょっと小さすぎるので、拡大したのが2枚目です。背ビレのない、ツルッとしたスナメリの背中を、お分かりいたでけるでしょうか? 鳥羽水族館に来られた際は、是非、前の海を眺めてみてください。野生のスナメリに出会えるかもしれませんよ。

 

【飼育研究部 わかばやし】