最後の授乳

はじめまして。イルカ担当の若林と申します。入社30年目にして、初めての飼育日記を書かせていただきます。さて、初めての日記ですが、今回は5月25日に生まれたスナメリの近況をお知らせすることにしましょう。

生後5日目から人工哺育を続けてきたスナメリの子供も、何とか生後5ヶ月を迎えることができました。生まれた時は体長推定85センチ体重推定8キロの小さな体でしたが、現在は110センチ18.5キロと随分大きくなりました。離乳にむけ少しずつ授乳の回数を減らしてきましたが、昨日10月23日、ついに最後の授乳を終了しました(写真は最後の授乳の様子)。今日24日からは1日4回のアジの給餌のみとなります。ちょっと可愛そうな気もしますが、いつまでもミルクを飲む甘えん坊ではいけません・・・。

今後は、あと1~2週間ほどで給餌回数を親たちと同じ3回に減らし、11月中旬には仲間たちと同居できたら、と思っています。ミルクをやめて体調が悪くならないか、仲間たちに優しく受け入れてもらえるのか、まだもう少し飼育担当者の心配は続きますが・・・。

【飼育研究部 わかばやし】