サンゴ水槽のホシダカラ

エントランスホールのサンゴ水槽の掃除中、珍しい生きものに遭遇しました。

ホシダカラです!観覧面のガラス近くをゆっくりと這っていました。

実はこのホシダカラはこのサンゴ水槽ができた2003年11月に搬入した個体で、もうかれこれ14年この水槽にいます…(飼育は1個体だけ)

普段は岩陰に隠れてほとんど姿を見ることはありませんが、カイメンか何かを食べているのでしょう。

相変わらず状態は良さそうです。

もう、飼育生物というより「小さな主」といった感じです(笑)

私は14年間、掃除でほぼ毎週1回この水槽に入っていますが(4回×12ヶ月×14年=672回!)、このホシダカラに水中で遭遇したのは今回が初めて!

観覧側からは年に数回程度は見かけますが。

間近で見ると、小さな目がかわいいです。

これは何か良いことがおこりそうな気がします(笑)

【飼育研究部 森滝丈也】