ホッコクエビ

2017年9月 20日(水曜日) 筆者 もりたき

へんな生きもの研究所でホッコクエビを展示開始しました。

ウミケムシと同居になります。

色鮮やかな体色で私が好きなエビのひとつです。

このホッコクエビはクルマエビの仲間(クルマエビ科)では、最も北にまで分布する種類のひとつだそうで(北海道の宗谷岬あたりまで分布)和名もそれにちなむそうです(北国エビ)。

と言っても、南は東シナ海あたりまで分布するので、三重県でも採集できます。それも比較的浅い内湾で。

そのせいもあって、実際、私の中ではあまり北国ってイメージはなく、むしろ大きな複眼が昆虫っぽいので「トンボみたいなエビ」といった印象(笑)

見方によっては、ちょっとヤンキー風?

正面から見るとこんな感じ。

普通種ですが、カワイイので ぜひご覧ください。

【飼育研究部 森滝丈也】