鏡餅ウニの行動観察➄

引き続き、熊野灘の水深300m付近に生息する「鏡餅ウニ(仮称)」の行動観察の話題です。

新たな個体xを導入したところ、xはRの上に乗っかり新たなペアに…と、ここまでが前回のお話。

ところが、昨日の朝。

xに居場所を奪われたはずのrがRの上に戻っているじゃないですか!

どうやらxから定位置を奪い返したらしい。

ちょうどWwのペアが離ればなれになっていたので、それじゃ、このフリーのxとWを近づけたらどうなるか?と、試してみました。

たぶん、xはWの上に乗るはず。

昼過ぎに見ると、案の定、xはしっかりWの上に…

ところが…

よく見ると、朝の時点ではWから離れていたはずのwがすぐ側まで近づいています…

そして1時間20分後。

再び水槽をのぞくと、Wの上に到達したwは見事にxと入れ替わっていました!(xはrにもwにも競り負けて2連敗?)

ところが、さらにその1時間40分後。

今度はxがWの上に再び乗り、wに取って代わろうとしていました。反撃か?

何がそこまでする引きつけるのか。

それでも、元々のペアの絆の方が強かったのか、結局、元サヤに収まっていました。

しばらくはこの組み合わせなのでしょうかね。

【飼育研究部 森滝丈也】