ミスガイ

2017年8月 29日(火曜日) 筆者 もりたき

へんな生きもの研究所でミスガイを展示中。
これは砂底に生息するウミウシの仲間で 漢字で書けば「御簾貝」となります。

御簾とは、平安時代の家屋(寝殿造)で用いられた美しい装飾的なスダレのことで、今の時代だったら神社などで見かけます。

ミスガイはウミウシの仲間ですが、大きな貝殻を背負っています。
この貝殻には横縞模様があって、これを御簾に見立てて、種名が付けられたそうです。 見た目もどこか雅(みやび)な雰囲気。

ミスガイはミズヒキゴカイを食べるので、飼育は簡単。ミズヒキゴカイなら、水槽にたくさんわいていますからねぇ。
餌を与えてみると、吻を伸ばしてゆっくりモグモグと食べ始めます。

よく見ると小さな瞳が可愛らしい。

外套のフリルはバラの花びらにも例えられるそうです。ウミウシとしてはあまり人気はありませんが、よく見ると魅力的です。

へんな生きもの研究所のウミシダ水槽で展示しているので、ぜひご覧下さい。

【飼育研究部 森滝丈也】