モヅ子の近況

へんな生きもの研究所では水族館近くの菅島沖で採集したセノテヅルモヅルを展示しています。このモヅル達は以前から興味深い行動が確認されています。

それは大きな成体に小型の幼若個体が付着する行動。

本当の親ではなくても成体であれば(♂♀関係なく)幼若個体は取り付き、取り付いた成体の口に腕を差し込むなどして餌を横取りしているように見えます(私はこの行動を「すねかじり行動」と呼んでいます)

成体に取り付いているのは、この飼育日記でもおなじみの「モヅ子ちゃん」

モヅ子は取り付く相手(成体)が死ねば別の個体に乗り換え、この「すねかじり行動」を実に5年近く継続中(2012年秋~)

こちらは3年前のモヅ子。

さて。

そんなモヅ子ですが、ここ数日は取り付いていたテヅルモヅルから離れ、排水パイプの網(フタ)に取り付いていました。

そろそろ独り立ちでしょうか?

そこで今日の夕方、試しに網から取り外してみました。

(ちなみに、こちらは1年前の姿。こうやって見比べると腕が伸びたのがわかりますね)

そして、そのまま水槽の底に放置してみました。

すると…すぐにモヅ子は自力で移動して大きな個体にたどり着くと、そのままその個体に取り付きました。

どうやら、モヅ子の「すねかじり行動」はまだまだ継続中のようです。

独り立ちにはもう少し時間がかかりそうです。

【飼育研究部 森滝丈也】