ビワガイ展示しました

予備水槽にいた【ビワガイ】をへんな生きもの研究所で展示してみました。

ちょっと変わった形をした巻貝で、その名の通り果物のビワかイチヂク(英名ではfig shell イチヂク貝)のように見えます。

上から見るとこんな姿。

ビワガイは収集家にはけっこう人気のある貝のようですが、貝殻だけではなく生きた姿もなかなかキュート。

今回、水槽に展示して初めてその魅力に気が付きました。

普段、貝殻は布団のような大きな外套膜に覆われています。

貝殻が外套膜に覆われていながら、腹足も発達している巻貝ってあまり見たことがないような気がするなぁ。

そして、眼がキュート!

このかわいらしさは今までに見た軟体動物の中でもかなりの上位クラス(笑)

リーゼントのように飛び出ている部分は「水管」で、ここから海水を取り入れて呼吸しています。

ところで、このビワガイはナマコを餌にしているそうです。

おそらく丸飲み…

明日あたりナマコを与えてみよう…

 

こんなかわいいビワガイを見に、是非、へんな生きもの研究所にお越しください。

【飼育研究部 森滝丈也】