悲しいお知らせ。

2017年2月 6日(月曜日) 筆者 りゅー

担当しているコツメカワウソのナスビが死亡しました。16歳でした。

ナスビは海遊館さんからお借りしていた子です。海遊館では繁殖経験もあり、

鳥羽でも繁殖できればという希望で飼育しておりました。

16歳という高齢ではありましたが、調子を崩す前はたくさん餌を食べ、

元気に暮らしていました。

 

1月17日から後肢の動きに異変があって、翌日には摂餌量が減ったこともあり、

獣医さんとともに毎日治療しましたが、残念ながら2月3日に死亡しました。

現在、国内の水族館・動物園で生きてるカワウソの中で3番目の高齢でした。

 

治療中・・・

高齢個体には、特に麻酔が体への負担となるため

麻酔なしでレントゲンや採血をしていました。

ナスビも必死に生きようとしていたので、抵抗します。

その時初めてナスビに噛まれました。

この時まで僕が、鳥羽水族館で唯一噛まれたことのないカワウソがナスビでした。

とてもおっとりとしていて、優しいカワウソでした。

最後まで治療してくださった獣医さん、治療にあたってくれたみなさま、ありがとうございました。

 

僕が入社してすぐのナスビ

白目で寝てて飼育日記にも書いたね。

水族館のカレンダーにも載ったね。

いままでありがと。

ナスビの飼育に携わっていた方、お客様、ありがとうございました。

 

今回ナスビの死で得られたこともたくさんありました。今後のカワウソの治療や

健康管理に役立てます。