ヒョウモンダコの摂餌行動について

2017年1月 18日(水曜日) 筆者 もりたき

今、へんな生きもの研究所で鳥羽で採集されたヒョウモンダコを飼育しています。

全長8cmほど。

有毒種として有名ですが、最近このタコの摂餌行動に興味が出てきました。

先日食べたエビがこちら(食べカスです)

エビの殻をかじることなく、キレイに中身だけを食べています。

ヒョウモンダコは甲殻類を好むようでヤドカリやカニも食べますが、これまでに観察した限りどれも中身だけを上手に食べていました。

マダコやミズダコ、コブシメ、オウムガイなど他の頭足類(イカ・タコ類)は殻や骨ごとバリバリ食べる印象が強いのですが、どうもこのタコはそうではない感じ。

タコの仲間の口は、筋肉の発達した「口球」がくちばしのような「顎板(カラストンビ)」を取り囲む構造になっていますが、もしかしたらヒョウモンダコは餌の体の中にこの口球を差し込むようにして餌を食べているのかも…(要観察です)

で、ふと思ったのが、ヒョウモンダコの毒です。

毒は唾液腺から分泌されますが、他のタコのように餌をバリバリとかじらないヒョウモンダコは、唾液(消化液)が他のタコ以上に摂餌の助けになっているのではなかろうかと…。唾液の消化力の強さと毒性には何かしら関係があるのでは?と…(推測)

そういや、毒グモも同じように唾液腺が毒腺になっているし、餌を唾液で消化しながら食べるよなぁ…

ヒョウモンダコの餌の食べ方は興味深いので今後も観察を継続していきます。

 

ちなみに、ヒョウモンダコは魚はあまり好まないようです。食べようとはするのですが…

何故か放棄します。

今回放棄した餌には、顎板でかじったであろうと思われる小さな穴が開いていました。

【飼育研究部 森滝丈也】