ダイオウグソクムシ№27と№28

2016年12月 30日(金曜日) 筆者 もりたき

本日はへんな生きもの研究所の給餌日。

このところ、給餌してもほとんど反応していなかったダイオウグソクムシ達ですが…

今日はニシンを与えてみたところ、すぐに反応したのは27号。

10月に入館した新人くんですね。

ナナメ後ろからですが、食べている姿を記録用に撮影。

その後、イケメン25号も参戦!残った餌を食べていました。

 

これで飼育中の7匹の中でまだ餌を食べていないのはシャイボーイ28号だけ。

27号と同じ日にやってきた28号は、恥ずかしがり屋なのか(?)ほとんど顔を見せてくれません。

 

10月のニコニコ生放送終了後に擬岩を倒してシェルター(隠れ家)にしたら…

すぐに擬岩の中に潜り込んだ28号。

ところが、そのまま引きこもり続けて早や2ヶ月…ここから出てきません。

水槽の一番左側にある擬岩シェルターです。

2ヶ月以上も頭を突っ込んだまま全く移動もせず…(シェルターの中では動きますが)

すっかり落ち着いてしまっています。

今となっては、28号はどんな顔していたのか記憶が薄れてしまうほどに。

いつになったら顔を見せてくれるのでしょうか(笑)

【飼育研究部 森滝丈也】