停電でした

2016年11月 10日(木曜日) 筆者 もりたき

昨日は年に一度の受変電設備の点検日。

閉館後からの作業でした。

設備点検の間は停電するので、水槽の生物に影響がでないように対応するのですが、その作業の合間に(停電が終わるまで)ちょこっとヨコエビの観察とサンプリングもしていました。

サンプリングは、あの熊野灘の水深300mに生息するヨコヤホンヤドカリに共生するヨコエビです。

これがヨコヤホンヤドカリ。縦縞のイソギンチャクを背負っています。

サンプリングしたのはタテソコエビ科と思われる方。

このヨコエビは結構目立つ、きれいな体色をしていますが…どうしてこんな体色しているのでしょうか?

これまではヤドカリの体表にいるところばかりを見ていたから気が付かなかったのですが、今夜のヨコエビはイソギンチャクの方にいて、それを見てピンと来ました(背面から撮影)

もしかして、このヨコエビの模様って、ヤドカリが背負う縦縞のイソギンチャクの模様に隠れるためなのかも…(だったら面白い)

どうでしょう、なかなかの擬態だとは思いませんか?

【飼育研究部 森滝丈也】