たくさんの愛をいただいております

2016年6月 21日(火曜日) 筆者 いま

 

 

 

 

皆さまご無沙汰しております。「いま」です!

 

 

6月といえば梅雨。ジメジメとした空気がスタイリングされた髪形を崩し、

雨でぬれた服が肌にまとわりつく。あまり好まれない時期だと思います。

かくいう私も6月の梅雨は苦手な時期なのですが、

飼育係の「いま」にとってはとても大好きな時期です。

 

 

なぜか?

それは5~6月は鰭脚類の出産ラッシュの時期だからです(^^)/

 

 

数々の動物園、水族館で鰭脚類の新しい命の誕生を祝う記事がたくさん見受けられます。

アシカやアザラシ。そしてセイウチ。

どの種であってもいきものたちのおめでたい知らせは、

私たち飼育係だけでなく、いきものが大好きな皆さまを笑顔にさせてくれると思います。

 

 

かくいう鳥羽水族館でも、近々、新しい命が誕生するであろういきものたちが数頭います。

その中でも、特に、今まさに、という動物が。

皆さまご存知の方が多いと思います。

鳥羽水族館一のグラマー且つ愛嬌のあるセイウチの「クウ」です。

 

 

改めてですが、鳥羽水族館では3頭のセイウチが暮らしています。

オスの「ポウ」

メスの「クウ」と「ツララ」です。

 

 

 

 

 

 

昨年10月、ポウとクウの間に新しい命を確認することができてから約8カ月、

昨年3月、交尾を確認してから約15カ月の月日が流れました。

 

 

セイウチの妊娠期間は14~15カ月といわれています。

この妊娠期間の中には着床遅延も含まれています。(着床遅延については過去の「えんどぅー」の日記に書いてあるので割愛)

2015年3月28日に2頭の交尾を確認したので、そこから15カ月というと2016年6月28日が予定日になります。

 

 

本日は6月の、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。

え?いつ産むん?もう明日でも、いや、今日でもおかしくないやん!

状態なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妊娠が発覚してから8か月間、

たくさんの方々に応援のメッセージや贈り物をいただきました。

本当に、本当に、数え切れないほどの、ご声援を。

 

 

たくさんの安産祈願のお守りやお手紙。

「ポウ」「クウ」の写真入りマグネット。

 

 

 

はたまた、千羽鶴。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は実感しております。

本当に、この子たちは愛されているなと。

本当に、たくさんの方々に支えられているなと。

 

 

 

皆さまのいきものへの愛。新しい命への愛。

必ずやそのいただいた愛を、  にして良い報告ができるようにしたいと思っています。

 

 

 

 

 

セイウチの繁殖は、鳥羽水族館では初。飼育係も初。「クウ」も初。

 

 

特に「クウ」は初産ですから、

分娩がうまくいくのか、出産後どのような行動をとるのか、育児をしてくれるのかなど

数々の不安があります。もちろん最悪のケースもあるかもしれません。新しい命が誕生するまで分かりません。

 

 

 

 

 

ですが!!

私たちは、全身全霊をもって、「クウ」の分娩、出産、育児をサポートし、成功させたいと思っています。

飼育係として、担当者としてそれらは当たり前のことですが、

皆さまの愛ある支えに改めて感謝し、頑張ろうとこの日記を書かせていただきました。

 

 

 

 

もう少しの間、温かく見守っていただければなと思います。

 

 

ぜひ、鳥羽水族館に足を運ばれたときは、「クウ」に励ましの声をかけてやってください!!

皆さまの愛は必ず届いて実を結んでくれると信じています!!

 

 

 

 

 

さぁ、新しい命の誕生までもうすぐです。笑って迎えてあげる準備をしなければ!!(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

p.s.

 

 

担当者は約1カ月間、夜間もモニター観察をしております。

いつ出てきてくれてもいいぞおおおおおお!!!!!

でっかい愛で支えたるーーーー(笑)

 

 

 

つたない文章でしたが最後までありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポウとツララも待ってます。(笑)

 

 

 

ではでは(^_^)/~