あれから一年・・・

2012年2月 10日(金曜日) 筆者 オカピ

じゅんいちが亡くなってから、今日で一年が経ちました。

あっというまに過ぎ、今でも信じたくない思いでいっぱいです・・・。

1979年に入館したじゅんいちは、私の大先輩でした。

オレンジ色の抱きまくらが大好きだったこと、興奮したり驚いた時には「ギョロ目」になったこと、プールサイドで水温を測っていると水中から飛び出てきて、びっくりさせられたこともありました。

これまでじゅんいちにはいろいろと楽しい思い出を作ってもらい、できることならもう一度会いたいなぁ~なんてよく考えてしまいます。

水槽の前に設置された献花台にはたくさんのお花やメッセージをいただき、じゅんいちは多くの方に愛されていたのだと思っています。一年が経ってしまいましたが、改めてお礼を言わせていただきます。本当にありがとうございました。

そして、これからもじゅんいちのことを忘れないであげてくださいね。

あれから一年・・・ への5件のコメント

  1. ハム より:

    初めて投稿させて頂きます。
    じゅんいち君の訃報が届いてから、まだ鳥羽に遊びに行く機会を得られずにいます。なので、まだ鳥羽に行けば、抱きまくら相手にハッスル! しているじゅんいち君が迎えてくれるんじゃないかな、などと思ってしまいます。

    そのうち必ず、人魚の海にあいさつに行きますね!
    じゅんいち君を忘れる? No way! ですね!

  2. まゆか より:

    こんばんは、コメント失礼します。

    もう一年も経つんですね・・・訃報を聞いた時はびっくりしました。
    小さいころから何度も鳥羽水族館に行って、そのたびに見てたじゅんいち君とセレナちゃん。
    じゅんいち君が亡くなってから鳥羽水族館に3回行きましたが、じゅんいち君のいない水槽を見て、もう会えないと分かりながらも「どこかで生きてるんじゃないか」って思ってしまいました。
    じゅんいち君、忘れないからね。10年以上前に買った記念メダルのジュゴンはじゅんいち君だと思ってます!

  3. 上西 由紀 より:

    あれから一年ですか。長いようであっという間の一年でした。

    思えばじゅんいちの訃報を知ったとき、泣いて「お花をあげに行きたい」といった娘が、もうすぐ二年生になります。

    あれから何度も、鳥羽水族館を訪れ、人魚の海コーナーで「じゅんいち君、いないなぁ。セレナちゃん、寂しそうやなぁ」と、言いながらセレナちゃんを眺め、最後に「じゅんいち君、お空でも、泳いどるかなぁ。お友達、おるんかなぁ。寂しくないかなぁ。じぃじ(亡くなった私の父です)と一緒に遊んどるかなぁ」と言い、残されたセレナちゃんを気遣う娘を、何度眺めたか分かりません。

    人間で言えば一周忌。きっと、天から鳥羽水族館の仲間たち、飼育係の方々、そしてセレナちゃんのことを見守っていてくれるでしょう。

    最後に改めて、じゅんいち君のご冥福を祈りたいと思います。合掌…

  4. *みや* より:

    あれからもう1年なんですね…

    長男は訃報を知ると、じゅんいちくんにお花をあげる!!と言って2人で水族館に行きました

    いまはお空の上でのんびり泳いでいるんでしょうね…

  5. saiyucky より:

    昨年このニュースを聞いたときには本当にショックでした。
    ほぼ同い年で、子供の頃から見ていたじゅんいちくん。鳥羽に会いに行くのが楽しみでした。
    もうセレナちゃんの水槽と対になっていないことがすごく寂しいですが、、
    ゆったりした泳ぎでたくさんの方々の心を和ませ、本当に愛されていたんですね。
    ゆっくり休まれるように、今一度ご冥福をお祈りしたいです。