【連載】スナメリを育ててみる☆

こんばんは。

 

突然ですが。。。
サッカー・ワールドカップ2大会連続出場!とか、
甲子園2年連続出場!とか、
なんかめでたい感じしますよね?

 

『2年連続!スナメリ(イルカ)の人工哺育☆☆☆!!!』

 

一応やる気を出して、☆3つつけときました!

お~なんか、いい感じやん!
気分が↑↑↑になってきた!

 

今年はスナメリ三昧のシーズン。
鳥羽水初の3頭同時妊娠が分かってから、ある程度覚悟はしていたものの、ホントに2年連続人工哺育をすることになろうとは。。。

↑マリン親子(出産当日)

 

というわけで、マリンの子のその後ですが、「また」人工哺育してます!!!
去年の人工哺育は、国内の水族館におけるイルカの人工哺育としては、初の成功例となったわけで、鳥羽水だけでなく、全国の諸先輩方がなし得なかったところへ到達したという点では、とてもうれしい出来事でした。
去年と違うのは、去年は「何とか成功したい一心で、少しドキドキしながらやっていた」のが、今年は少し子供に不運なアクシデントがあったこともあり、気持ち的には「マリン母さん、大切な赤ちゃんを少し預かりますね。」になったことか?

 

とは言え、授乳回数が人や一般的な動物と比較すると、イルカははんぱなく多いので、「やり続けることがホントに大変!」。スタッフは慢性的に不足&寝不足。。。

 

本当にたいへんですよ~~~~~!!!

 

それを物語るのが、去年の今頃、他園館の方に会うたびに「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」って聞かれるんです・・・イルカがじゃなくて、人の心配ね。つまり、業界関係者はこの作業のツラサを認識してるってことでしょうかねぇ。
ちょうど今日は、スナメリ人工哺育プロフラムの折り返し点ですねぇ?
今年は赤ちゃんイルカのアクシデントのせいで、去年よりも成功までのハードルが確実に上がっちゃいましたけど、それでも今日まで繋ぐことができたので、とても嬉しく思っています。

 

確実に、一歩一歩、あと半分の道のりを歩むだけです。

預かったものは、必ず返しますよ!

もうすぐ授乳なので。。。

つづく

↑ チョボ親子(生後5日)